シリコン注型 | サービス案内

シリコン注型

10~20個程度の同一形状品の作成に最適です。

特徴

  • 材料の選択肢が限られますが、10~20個であれば切削や3Dプリンティングよりも安価です。
  • 形状により、金属部品のインサートも可能です。
  • 数十個製作すると型が摩耗してしまい、新規の型を作成する必要があります。

造形方法

  1. 1、3Dプリンタや切削モデルなどでマスターモデルを作成します。
  2. 2、シリコンゴムを流し込み型を作成します。
  3. 3、ゴム型からマスターモデルを取り出し、中空になった部分に素材を流し込みます。
  4. 4、型からモデルを取り出し仕上げを行います。 

材料

ウレタン樹脂、ウレタンゴム、ナイロン

サービス案内