メニュー

アイディアを形にするお手伝い

図面は無いが、アイディアはある。

そんなときもPlaQuickはお手伝いします。PlaQuickではお客さまから3次元CADデータを支給頂いて試作するのが一般的ですが、アイディアを立体の形、いわゆる3次元CADデータを起こすところからお手伝いすることも可能です。

 

まずは、イメージ図から

「アイディアを立体の形にします」と言っても、さすがに文字だけでは立体の形を起こせません。ラフなスケッチやサンプルでイメージを共有しながら、3次元CADのオペレーターが詳細寸法や形状を確認させていただき、対話しながらサーフェスデータを作成します。そうやって作成したサーフェスデータをもとに、まずはCGでイメージ通りの立体の形が出来ているか確認いただきます。

※サーフェスデータ:立体の表面形状を組み合わせて作成したモデル

 

3Dプリンタで形状確認

当社に3次元CADデータの作成からご依頼されるお客さまには、3Dプリンタを用いた形状確認をお薦めしています。CGで様々な角度から見ることが出来るとはいえ、3次元CADに慣れていらっしゃらない方がCGから出来上がりを予測するのは困難です。やはり現物がないとサイズ感に触れませんし、実際に機器に組み込んでテストすることは出来ません。実際にモノを触って、イメージ通りのCADデータが出来ているかを確認いただきます。

3Dプリンタによる出力も、お客様のニーズに合わせてご対応します。形状確認だけで良いというケースもあれば、実際に機器に組み込んで使用してみたいので強度や耐熱性が必要というケースもあります。それぞれのニーズに合わせて対応させていただきます。

 

材料選定もお手伝い

実際にプラスチック製品・部品を生産するためには、形状だけでなく材質や生産方法も決める必要があります。当社は試作だけでなく、材料商社としても豊富な実績を有しています。強度、軽さ、耐薬品性、耐熱性などそれぞれの製品・部品によって材料に求められる特性は様々です。当社の経験を活かして最適な材料をご提案します。また、生産方法も、PlaQuickでご提供している試作メニュー(PlaQuick射出成形、切削、注型、3Dプリンタ)に限らず、最適なソリューションをご提案します。

 

ページトップへ
図面レス・30秒オンライン見積
お見積もりはこちら
お急ぎの方はお電話ください
03-6457-9077