メニュー

PlaQuickこんなこともできる 【カセット型】

モノづくり、開発において少ロット多品種が増えました。

その品種が多様になればなるほど金型面数も増え、短納期に影響します。

PlaQuickでは、その「少ロット多品種」の短納期化の要望にお応えします。

 

これまでにお客様から頂いた要望により実現したPlaQuickの各種サービスをシリーズ化しました。

 

第7弾は【カセット型】です。

 

<各サイズのモールドベース>

 

PlaQuickでは「大」「中」「小」各サイズのモールドベースをすでに用意しており、

成形品のサイズにあわせてモールドベースを選定します。

新しいモールドベースの入荷を待たずして、金型組付けに入れます。

 

 

モールドベースは各社様の共用となります。

主に加工するのは入子(いれこ)のみになり、

「可動側(COR)」「固定側(CAV)」の成形品と直結する部分です。

 

 

画像のように加工した入子(いれこ)を共有のモールドベースに嵌め込みます。

これが「カセット型」になります。

 

PlaQuick射出成形サービスでは「ゲート」「PL(パーティングライン)」「EP(エジェクターピン)」

の構成を見積り時に「仕様書」として提出しております。

まさにこの加工した入子(いれこ)の内容が仕様書の内容になります。

「スライド」となる「置きコマ」も同じようにモールドベースに嵌め込むことになります。

■特徴

 -スピード    各形状、モールドベースを共有していることによりモールドベース自体の手配の手間が省け、

        スピードアップに繋がりました。

 -コスト    モールドベースをすでに用意しているのでその費用が掛かりません。

         ユーザー様側のイニシャルコスト(初期費用)のコストダウンに繋がりました。

 -仕様    仕様書の提出によりお客様と共有する分、双方での安心感があります。

 

■留意点

 -サイズ   ランナーも含めたレイアウトスペースが限られておりサイズが限定されます。

 -組換え    常に入子(いれこ)の組換え作業があるので成形まで数時間要してしまいます。

 

 

カセット型を実践することによって、入子の管理が安易になりました。

追加成形のご要望にも対応しております。

短納期アイテムへのサポートをPlaQuick射出成形サービスは担っております。

 

ご興味ございましたら簡易見積りをご利用ください。

お待ちしております。

https://www.plaquick.com/estimate

 

2020.10.13

PlaQuick編集部 

ページトップへ
図面レス・30秒オンライン見積
お見積もりはこちら
お急ぎの方はお電話ください
03-6457-9077