3Dプリンティング | サービス案内

3Dプリンティング

「形状確認のために、1個だけでよいから安価に試作したい」といったニーズに最適です

特徴

  • 安価:「1点だけ作成したい」といった場合に、最も安価です。
  • 形状の自由度が高い:アンダーカットなどの複雑な形状も造形できます。
  • 早い:直接造形するため、短納期を実現します。

造形方法/材料

造形方法 光造形 粉末積層 3Dプリンタ
特徴
  • 直線がなめらかできれいに造形できるため、高精細なコネクタなどのモデルも作成できます。
  • 材料強度が弱く脆いため、強い力を加えると割れてしまう恐れがあます。
  • 粉体がサポート代わりになるため複雑な形状も作成できます。
  • 材料の特色で、ざらざらした感触が残ります。
  • 石膏、アクリル系樹脂(ABSライク、ゴムライク)などの材料を使用でき、雑貨や固定用治具などの試作に向いています。
造形方法
  • 液体樹脂にレーザーを照射し、一層ずつ積みあげる方式です。
  • 材料はエポキシ樹脂、オキセタン系樹脂があります。

粉体の材料にレーザーを照射し、材料を溶融しながら一層ずつ積み上げる方式です。下記のような特色ある材料があります。

  • PA(剛性が高く、強度があります)
  • PP(柔らかく、ヒンジ特性の表現が可能です。)
  • PS(消失鋳造用のマスターとして使用します。) など
  • インクジェット式
    • ドット状になった材料をノズルから吹き出し、一層ずつ積み上げる方式です。アクリル系の樹脂で、ABSライク、ゴムライクなどがあります。
  • 樹脂押し出し方式(FDM)
    • 糸状ABSなどの熱可塑樹脂をノズル部分で溶融しながら積み上げていく方式です。

サービス案内